MENU

クラミジア・淋菌の感染道順

クラミジアや淋菌の感染は『だいたい100パーセント性行為がきっかけ』だ。

 

あちらへ感染させてしまったケース、海水浴や銭湯などで感染したみたいな釈明は通用しません。調べられてらすぐにバレてしまう。

 

クラビット,通販,市販,副作用,効果,即日発送,淋病,クラミジア

 

 

クラミジアや淋菌は粘膜の接触で感染する

感染人間の粘膜や体液がお客様の粘膜って接触する事で感染して行う。 感染する部分は旦那の場合は尿道、レディースの場合は子宮頸部だ。また、咽頭の粘膜にも感染行う。

 

感染キャパシティーが非常に強い黴菌ですので、1回の性行為による感染百分比が50パーセント以来と言われています。

 

 

自覚症状が出ない場合がある

大きい感染キャパシティーって自覚症状がないケース、年中感染やることもあります。

 

たとえば、受胎検診時や不妊治療での診療を行った時に、過去のクラミジア感染や淋菌感染を初めて解ることも珍しくないのです。そのため、感染通路がわからず、いつ感染したのかは明確にすることができないのが性病だ。

 

 

セックスでオチンチンへ感染する

ほとんどの感染通路は、コンドームを使わないセックスによるグッズだ。 感染人間が旦那の場合は尿道からお客様の膣に感染行う。

 

また、感染人間がレディースの場合は膣からお客様の尿道へ感染行う。お客様の体液が尿道へ接触すると、感染するケー。

 

コンドームを最初から最後まで使用していれば、ある程度の感染リスクは控えることはできます。

 

クラビット,通販,市販,副作用,効果,即日発送,淋病,クラミジア

 

オーラルセックスによる咽頭感染

オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)で咽頭の粘膜に感染しオチンチンへ、またはオチンチンから咽頭の粘膜へ感染するケースが多くあります。

 

咽頭の粘膜は深層の方にあるので、旦那の感染よりも、レディースの感染百分比の方が高いです。また、ディープキスも感染するパーセンテージがあります。

 

クラビットTOPへ